【注目プロジェクト】ホール空間-2

【注目プロジェクト】ホール空間-2

EPK Feature Project ホール空間

引き続き、様々な手法や特徴的なホールに対する照明アプローチを取っているホール空間の照明事例をご紹介します。


大東文化大学東松山キャンパス 5号館 Mホール 建築設計: 日本設計

大東文化大学東松山キャンパスは、4期に渡って、食堂棟、多目的交流棟、研究・教室棟、ランドスケープ、ペデストリアンデッキなど、キャンパスが整備されました。EPKは照明を担当させていただき、ホールには、特注照明・基本照明・調光システムを納入しました。

多目的交流棟「M-FRONT」は、キャンパスの玄関となっています。その中に多目的ホール「Mホール」があります。舞台照明、舞台音響設備を使用して演劇やイベントを行うことができるホールです。

ホールの照明では、メイン照明としてシーリングペンダントを特注製作しました。大判のクリア・乳白アクリルパネルを重ね、エッジライトと柔らかく広がる光が重なりあって、シンプルながら印象的なホール照明器具となっています。LED光源から拡散するベースライトとしての光と、直接床へ落ちて照度を取る光を兼ね備えるよう、機能的にデザインしました。

また、ベース照明として他にEPK特注照明の1灯型と2灯型のダウンライト、HID200Wのダウンライトを設置しました。ホールの天井照明器具は全て、キャットウォーク上からの安全なメンテナンスが可能な機構で特注製作しています。LED器具は長い寿命とされていますが、LED光源よりも先に電源がメンテナンス対象となり、メンテナンスはLEDでも大変重要です。

ホールは木を使用したデザインで、照明も木の質感を生かすような色温度で統一しました。広いホール全体が温かみが感じられる空間となっています。

合わせて、ホール調光システムを導入して様々なシチュエーションに合わせて対応するようシーン設定を行いました。

調光シーンの設定の様子です。

関連:
大東文化大学のEPK社特注照明のご紹介2-多目的ホール(1)

大東文化大学 360 DAITO EYES 5号館:Mホール

■照明器具の導入実績カテゴリの最新記事



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp