菖蒲パーキングエリア店舗 「SHOBU 花見 CHAYA」1―概要

菖蒲パーキングエリア店舗 「SHOBU 花見 CHAYA」1―概要

2015年10月31日、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)桶川北本IC~白岡菖蒲IC間の開通に合わせて新設された菖蒲パーキングエリア内に商業施設 「SHOBU 花見 CHAYA」 がオープンしました。「クルマの旅に、もうひとつのよろこびを。」をモットーに進化しているNEXCO東日本の新しい施設です。

外観.jpg

内装デザインは “隈研吾建築都市設計事務所” が担当し、EPKがオリジナル照明器具を製作させていただきました。今回は菖蒲パーキングエリアの概要をご紹介致します。

菖蒲パーキングエリアは都心から放射状に伸びる高速道路をつなぐ圏央道のほぼ中央に位置し、内回り、外回りどちらからも利用できます。また、圏央道初となるガソリンスタンドが併設されおり、沿線地域をつなぐ拠点として利用者にとり高い利便性のある新しい施設となっています。

圏央道の今回の開通により、日本の経済活動の大動脈である東名高速~中央道~関越道~東北道がつながり、様々な好影響が生まれると予想されています。

新たなネットワークが誕生することにより、物流に於いて輸送ルートの効率化が行われ、経済の発展に寄与します。また、圏央道沿線地域に企業の新規立地が増え、民需拡大、地域経済の活性化を生むと考えられています。そして観光地へのアクセスが向上し、渋滞の緩和や、観光地間の周遊性向上などが見込まれています。

日本のこれからの経済活動の根幹を担う重要な拠点としての菖蒲パーキングエリア内の店舗 「SHOBU 花見 CHAYA」 のEPK照明器具について次回ご紹介いたします。
 

#菖蒲PA

【導入物件】
菖蒲パーキングエリア

■照明器具の導入実績カテゴリの最新記事



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp