EPK Lighting Blog

■あかりの歴史

有機EL照明

あかりの歴史を見てまいりましたが、最後に「エジソン以来の発明」と称される有機EL照明について取り上げます。 有機EL照明は有機物に電圧をかけることで、有機物自体が発光する現象を利用した照明です。 発光部はわずか1/100 […]

2011 11月 18日

LED照明(3)―LED照明で通信

現在、LED照明が一般にも普及するようになってまいりましたが、LED照明の利用は今後ますます広がり、新たなLED照明の歴史が描かれようとしています。 今回はLED照明を利用して通信を行い、将来的にLED照明による通信網が […]

2011 11月 11日

LED照明(2)

今回はLED照明の製品化について取り上げます。 LED照明は1993年ごろは信号機や車のテールランプなどの用途のものがあり ました。 2005年ごろには特殊及び一般照明器具、その後家庭用照明、などが製品化 されました。 […]

2011 11月 04日

LED照明(1)

今回はLED照明の歴史について取り上げます。 LEDとは発光ダイオードという半導体で、半導体結晶の中で電気エネルギーが直接光に変化するしくみを応用した光源です。 1962年に赤色ダイオードがアメリカで発見されました。 赤 […]

2011 10月 28日

蛍光ランプ(2)―蛍光ランプの開発

  蛍光ランプは日本で戦後改良されてからは一般家庭にも普及していき、昭和初期には日本は世界の中でも蛍光ランプの普及の高い国となりました。 日本ではその後、様々な種類の蛍光灯が開発されました。 1953年には32 […]

2011 10月 21日

蛍光ランプ(1)―発熱の少ない照明誕生

今回は蛍光ランプの歴史を見てみます。 蛍光ランプは放電で発生する紫外線を蛍光体に当てて可視光線に返還する光源です。 1926年ドイツのゲルマーが蛍光ランプの発明をし、1934年に米のゼネラル・エレクトリック社(GE)が蛍 […]

2011 10月 14日

白熱電球(3)―日本での白熱電球史

今回は白熱電球は日本でどのように普及してきたのか見てみます。 日本で初めて白熱電球が灯ったのは、1884年上野駅でした。当時は白熱電球 は米、独などの高額な外国製品しかありませんでした。 そこで「日本のエジソン」と呼ばれ […]

2011 10月 07日

白熱電球(2)―白熱電球開発に貢献した日本人

前回に白熱電球の誕生についてを見ましたが、今回はその後の白熱電球の開発について見てみます。 1910年―タングステン電球 フィラメントをそれまでのカーボンからタングステンに替えたタングステン電球を米のGE社が発明し電球の […]

2011 9月 30日

白熱電球(1)―日本の竹が白熱電球を生んだ

あかりの歴史を見て参りましたが、いよいよ電気を使った照明である白熱電球の登場です。日本の竹が白熱電球の実用化の大事な役目を担ったことをご紹介します。 1878年にイギリスのスワンが真空白熱電球を発明し、翌1879年に米国 […]

2011 9月 23日

Navigation