EPK Lighting Blog

Marset新製品-屋内ペンダント

デザイン照明、インテリアとアウトドア:
革新的、現代的なデザイン
本物の素材感、空間に沿うシンプルさ、装飾的なアクセント

40年代に設立されたカタルーニャの企業、marsetマルセット社は、その長い年月の中で、優れたデザインへのこだわりと個々の製品にイノベーション、オリジナリティ、そして感動を求めつつ、新しく生まれ変わっていくことで存続してきました。
同社はアートディレクターのジョアン・ガスパール(Joan Gaspar)を筆頭に独自のデザイナーチームをかかえており、著名なクリエイターたちとも仕事をしています。

新製品、屋内照明のペンダントをピックアップしてご紹介します。

Marset新製品 屋内ペンダント


Bohemia ボヘミア

by Joan Gaspar , 2019

「Bohemia」は独特で特徴的なペンダント照明です。 一見、吹きガラスでできているように見えますが、サイズが大きいためその手法は困難でした。 デザイナーのJoan Gasparは、ポリカーボネートを選択することでこの困難な課題を克服しました。

その結果、2つのボリュームを単一の形状に統合する、エキサイティングで有機的な半透明のプロファイルが実現されました。 これにより、インテリアに干渉しないさまざまな色の大きなシェードが可能になりました。器具の内部は常に白で、色にじみのない完璧な光を提供します。

点灯している時、「Bohemia」は白い光を下向きに照らし、同時に微妙な色合いと影で陰影を強調します。 この影と光の相互作用が2つのボリュームを定義しています。 「Bohemia」は、すべての見る者を驚かせることを目的とした類を見ないな照明で、明るく印象的です。

・成形ポリカーボネート、
・2層の半透明シェード、内部は白・オパール。
・LEDバージョンのメタクリレートディフューザー




Milana ミラナ

by Jaume Ramírez , 2019

“光のポイントを移動する” それがデザイナーJaume Ramírezの新しいデザインの背後にあるアイデアです。 「Milana」は、ペンダント照明のモジュール式システムです。このシステムは、互いに結合し、垂直および水平の両方に移動することが可能です。

この新しいデザインは、逆説的にランプの原型を分解することから始まりました。可能な限りランプの原型を統合していくことによって、組込のLED光源と吊り下げられる円筒形の本体のみが残りました。この円筒シリンダーの灯具には、さまざまなサイズでのオイスターホワイト、ブラック、ベージュ、グレー、またはレッドの異なる円錐シェードを追加できます。しかし、最も独創的な点は、これらのランプのそれぞれが単独に、また重りを持って、シンプルな釣り合いを持つことができるということです。

ほとんど感じられないレンズでLEDを覆い、光を的確に照射します。円筒シリンダー灯具のみを使用する場合、下向きの光は、素晴らしい、非の打ちどころのないものとなり、シェードが追加されると、光が拡散し、灯具自体を照らしていきます。この全く新しい照明システムは、ユーザーによる光を制御を可能にして、新しい光の提案、概念を提供します。

ランプを覆い、むき出しにし、上下左右に動かすのです。
円筒シリンダー灯具での組み合わせまたは塩水シェードによる装飾との組み合わせ。直接光と間接光の融合。「Milana」では、光の交響曲である無数の楽曲が生まれます。

・半透明のポリカーボネート製ディフューザーを備えたシリンダー灯具
・塗装仕上げのアルミニウム製シェード
・空間全体にランプを移動できるウェイト付きケーブル




MVV

by Manuel Valls Vergés , 2019

「MVV」ストーリーは1970年代に始まります。この新しいペンダント照明は他に無いもので、当時スペインで最も著名な建築家の1人であり、ホセ・アントニオ・コデルチのパートナーであり、バルセロナ近くのウガルデ家などの著名なプロジェクトを請け負ったマヌエル・バルス・ヴェルジェスによって設計されました。
「MVV」の名前は、このユニークな照明の設計者を示し、Vergésのイニシャルを反映しています。それは彼の孫であり、建築家でもあり、Two-boスタジオのパートナーの希望でもありました。パブロ・マリア・アルベルトは45年後にこの照明を再構築しました。

時代の架け橋としてMarset マルセット社は製作に着手しました。オリジナルのデザイン(シートが重なった八角形)を採用し、シートの外側に桜の木、光の品質を高めるために内側に白色の二重膜を追加しました。寸法は原設計の45 cmと同じで、内部構造はもともと鉄でできていましたが、現在はポリカーボネートとして軽量化されています。木材の使用により、MVVは非常に暖かい光を生み出します。

控えめで、合理的で、非常に幾何学的な照明 — 「MVV」は建築物のようなものです。直接下向きの光がシートを通過する間接光によって補完されます。時代を超えて、その時代の建設的な論理を反映し、非常に多くの思い出を呼び起こすデザインとなっているのです。




・8枚のPETシートと外側に桜の木
・内部白のスチールと光沢のある黒いポリカーボネート構造
・上部に透明メタクリレートディフューザー






【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp