EPK Lighting Blog

Information

2020 2月 04日

■海外照明器具のご紹介

Marset社の新製品

デザイン照明、インテリアとアウトドア:
革新的、現代的なデザイン
本物の素材感、空間に沿うシンプルさ、装飾的なアクセント

40年代に設立されたカタルーニャの企業、marsetマルセット社は、その長い年月の中で、優れたデザインへのこだわりと個々の製品にイノベーション、オリジナリティ、そして感動を求めつつ、新しく生まれ変わっていくことで存続してきました。
同社はアートディレクターのジョアン・ガスパール(Joan Gaspar)を筆頭に独自のデザイナーチームをかかえており、著名なクリエイターたちとも仕事をしています。

新製品をピックアップしてご紹介します。

Marset新製品 屋外照明【屋外/インテリア使用可能】


TXL2019 ティーエクスエル

by Joan Gaspar , 2019
材料と技術が進化すると同時に、照明が進化します。 「TXL」は、インテリアと同じ暖かな印象で外部を照らすことに成功しました。

しかし、製品シリーズが同じままの新製品として「変わらないように変化する必要がある」ため、光源をリニューアルし、新しいファブリックシェードで表現しました。
新しい素材は、耐候性が高く悪天候に耐え、延性がありながら堅牢で弾力性のあるものです。 新しい「TXL」は、空間をオリジナルの光で満たしたいと考えています。 そのデザインは、サイズが際立っていますが、光がシェードを通過し、生地素材がきらめきます。

デザイナーによるその他の変更は、ベース部分です。コンクリートを注入して作られたベースであり、よりきれいに仕上げられた一貫したデザインの外観になっています。 強くインパクトのある「TXL」はアクセントとして空間の大きな位置を占めますが、その本質は変わらず、インテリアの魅力的な光を取り入れて屋外に移動するという目的を果たしています。

・コンクリートベースとステンレススチールステム。
・内側が白色のテキスタイル製のシェード。 白いエッチングガラスのディフューザー。




LaFlaca ラフラカ

by Christophe Mathieu , 2019

屏風のように、「LaFlaca」の大きくて太いプロファイルは、光を使って空間を分割し、さまざまな雰囲気を描き出したり組み合わせたりすることができます。

この新しい屋内/屋外フロアランプでは、金属構造がその形状をしわのない布地と一体となり、フレームを包み込み、美しいフォルムを共有しています。
器具内部では、LED光源が魅力的な球体となって提供されます。この球体は、灯具が点灯している場合にのみ表示され、ファブリックによってフィルタリングされます。
その結果、太いスクリーンのようなランプが部屋の仕切りとして機能し、屋外の空間を定義したり、内部に構造と形を提供したりできます。

「LaFlaca」には、幾何学的形状が異なる3つのサイズがあります:垂直長方形、水平長方形、正方形。 これらのライトの組み合わせは、その美しさだけでなく、その実用性でも印象的な建築テキスタイル作品を生み出します。

・ステンレス鋼構造、
・グレーのラッカー仕上げでテキスタイルシェードに包まれています。
・半透明のメタクリレートディフューザー。




Roc ロック

by Joan Gaspar , 2019

プレスガラスのディフューザーの屋内および屋外のウォールランプ。 そのうねりのある模様のシェードは光を覆い、ぼやけさせます。 単に光を提供するだけでなく、雰囲気を作り出すことができます。

「Roc」は感覚を誘います。 それは明るい氷の塊のように見え、その不規則な、ほとんど有機的なテクスチャーが触れられるように誘います。





【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp