EPK-blog

名古屋トヨペット 檀渓通店1―概要

2017年2月、名古屋トヨペットの旗艦店として「多様な人々が、様々なレベルで交流することが可能なくるま屋」を目指した「名古屋トヨペット檀溪通店」が誕生しました。従来のショールームは車の購入をしたい人のみが来る場所となっていましたが、檀渓通店は街のコミュニティ施設としての機能も合わせ持つ新しい形のショールームです。
EPKが照明器具を担当させて頂きましたのでご紹介致します。

設計は丹下都市建築設計、施工は清水建設。S造、一部SRC造で地下1階地上3階、延べ面積4769㎡。地下1階に整備工場とドライエリア、1階にラウンジ、2階にショールーム、多目的室があり、地下1階、地上1,3階、屋上に駐車場を設置しています。

外観は3方向ガラスカーテンウォールとなっており、幹線道路に面しているため視認性が高くなっています。そしてトヨタ2000GTのボディーラインを再現した流線形のフィンが美しく力強いイメージを生み出しています。また、車のスピード感や車体を流れる気流のイメージをルーバーや特殊フィルムで繊細に表現しています。壁面緑化やソーラーパネルも設置し、環境に配慮して街のシンボルになる未来志向型のショールームとなっています。

次回より、檀渓通店照明器具についてご紹介致します。

#トヨペット壇渓通店



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp