EPK Lighting Blog

EPK社製「レジェンド特注照明器具」のご紹介8―小金井カントリー倶楽部③

今回も引き続き、小金井カントリー倶楽部ハウスのEPK社製 特注照明器具についてご紹介致します。
器具のデザインは、巾約0.23m長さ約1.4mの縦長の銅板をアール型にし、3枚組み合わせた形にしています。そして合わせ目の間隔を少し空けて間から光が洩れるようにしました。その光は、やわらかい間接照明の光となって食堂を落ち着きのある空間としています。また、ダウンライトを組み込み、直下のテーブル上を明るく照らすようにしています。たたき銅板製のこの器具は天井の木組みとマッチして、特注器具ならではの空間と融合した美しさを見せています。

02 - コピー.jpg
食堂吹き抜け上部には障子をはめ込んだ間接照明も設置し、やわらかな面光源の光が上からやさしく注いでいます。

また、入口ホールには食堂の照明器具をもとに、銅板を使ったスタンドを製作し設置しました。

コピー ~ 04.jpg小金井特注スタンド - コピー.jpg

武蔵野の緑の中に佇む民家のような新しい小金井カントリー倶楽部ハウスは、重厚で、豪快な木組み構成による逞しく力強い雰囲気を持ちながら、木のぬくもりによって感じられる温かい親密感が漂う、ゆるぎない伝統の空気に満たされた品格のある空間となっています。
そしてその空間を照らすEPK社製の特注照明器具は、年月を経てますます深まっていく倶楽部の歴史と伝統を、空間に溶け込みながら、これからも静かに、味わい深い光で照らし続けていくことでしょう。

#小金井カントリー倶楽部



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp