EPK Lighting Blog

EPK社製「レジェンド特注照明器具」のご紹介2― 東京サンケイビル①

今年の5月21日、日本では金環日食を見ることができました。太陽のコロナ(*)が美しい光の輪として空に浮かび、とても美しい光景でした。
日食や月食などを眺める時、太陽を改めて意識し、自然の天体ショーに感動される方も多いのではないのでしょうか。そのような太陽の光や日食をテーマにしたEPK社製 特注レジェンド照明器具が東京サンケイビルにあります。

Ring Chandelir at Sankei - コピー.JPG

東京サンケイビルは、大手町にある2002年に竣工した地上31階・地下4階のテナントビルです。設計監理は三菱地所設計、竹中工務店、施工は竹中工務店、北野建設。第45回BCS賞(**)受賞作品、2005年日本建築学会作品選奨対象作品です。

その地下2階の吹き抜け部分に、「太陽のコロナ、日食、月食」をイメージした空間のオブジェとも言えるEPK社製 特注照明が設置されています。
中央の大きなシャンデリアは太陽の光、コロナを、その周りの2つの照明器具は日食、月食をイメージして製作しています。
これらの器具は点灯時間、調光制御がタイマー設定されていて、時と共に移ろう様々な太陽光のシーンを作り出しています。そして建築空間を美しく照らしながら、1日の時の流れを光で感じでいただくことができるものとなっています。
次回もサンケイビルのEPK社製 特注照明器具についてご紹介致します。

(*)コロナ・・・太陽の周りに見える自由電子の散乱光のこと。皆既日食の際には肉眼で見え、ゆらゆらとゆらめく炎のように見える。
(**)BCS賞・・・社団法人日本建設業連合会により、日本国内の優秀な建築作品に与えられる賞。

 
【導入物件】
東京サンケイビル 
http://www.sankeibldg.co.jp/



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp