EPK Lighting Blog

Information

2011 3月 11日

■話題の製品

東日本大震災の被災地に光を――太陽光による照明器具

皆様こんにちは。建築照明のEPKです。

この度の東日本大震災により被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日でも早く皆様の状況がより良くなることを心よりお祈り申し上げます。

電力の供給が断たれている被災地に、様々な企業が太陽光を動力にした照明器具や充電器の電源用システム品を次々に送り届けています。今回は、その中で太陽光による照明器具について取り上げます。

三洋電機のソーラーランタンは、太陽電池で起こした電気を内蔵のニッケル水素充電池に充電し、点灯する充電式のランタンです。充電時間は約6時間です。照明部分には、10年以上使用可能な1W高輝度LEDライトを使用しています。照明モードは強弱2段階で、弱で使用した場合、約20時間の連続使用が可能とのことです。重さも500gで手軽に持ち運びもできます。

OSK201103240009.jpg

ソーラーランタン(三洋電機)

今回の震災では三井物産が三洋電機から購入して宮城県南三陸町に送り、避難所6か所に配ったそうです。又、三洋電機は携帯電話の充電器の電源機能も合わせ持つタイプを被災地に送っています。
夜間に光の無い生活は、不安で心細く、少しの明かりでもあれば、ほっとして安心感が生まれます。これらの器具は、被災地の方々の明かりの無い生活に光をもたらすと共に、復興への希望をも生み出す明かりとなっているのではないでしょうか。

参考:三洋電機H.P.



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp