EPK Lighting Blog

Information

2010 12月 14日

■話題の製品

心を癒す星の光ープラネタリウム

皆さまこんにちは。建築照明のEPKです。

今回はプラネタリウムに関しての話題を取り上げます。
最近はプラネタリウムの人気が復活しつつあり、各地のプラネタリウム施設の催し物が多彩に行われています。音楽を聞きながら、星空を楽しんだり、星を鑑賞したあとにお酒を飲んで余韻を楽しむなど様々な企画があり、人気を得ています。星空を見ることで心の癒しを得たい人が増えているからかもしれません。

星空で心の癒しを得るための方法として、病院に星空の天井を取り入れた例があります。三郷市のある産婦人科医院では、分娩室の天井が小さなプラネタリウムのようになっており、分娩室のうち1室は「天の川」とオリオン座、もう1室には「天の川」と北斗七星を、それぞれ約500個の小型電球で描いています。分娩室で過ごす長い時間、天井を見ることでリラックスでき、安心して出産できると妊婦さん達に好評だそうです。
病院の天井.jpg

星空の天井

 また、羽田空港新国際線ターミナルでは、プラネタリウムカフェがオープンして話題となっています。昼は「就航都市」「癒し・自然」「宇宙」というテーマの映像が上映され、夜は「惑星」「星座」「銀河」というテーマの映像が上映されます。飲食も可能とのことで、空港内ということも忘れるようなリラックスできる空間となっているようです。

プラネタリウム.jpg

プラネタリウムカフェ

誰でも星空を見て心が洗われるようなさわやかな気持ちになった経験があると思います。プラネタリウムブームは忙しい日々の合間に、星空をしばし眺めて心の休息や癒しを得るひとときを、現代人が必要としていることの表れではないでしょうか。

参考:朝日新聞  フードリンクニュース



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006
http://www.epk.co.jp
epk@epk.co.jp