【スイスのチューリッヒにある噴水】WIBREの直付型スポットライトのご紹介

Aquaretum Fountain, Zurich

Aquaretumは、チューリッヒ保険グループが会社の125周年を記念して噴水を故郷の都市に寄付した1998年以来、数え切れないほどの写真に登場しています。元の噴水がチューリッヒ湖の水を最後にかき混ぜてから1年以上が経ち、現代風にアレンジした新しいアクアレタムがその伝統を引き継いでいます。

元のアクアレタムの噴水は、過去20年間で、チューリッヒ市のランドマークになりました。人気の公園や入浴スポットの近くのチューリッヒ湖に位置し、訪問者や地元の人々に思い出に残る写真を撮るのに最適な背景を提供しました。

しかし、22年間の使用の後、噴水は寿命を迎えました。専門家が修理不可能だと言ったとき、チューリッヒは画期的な噴水を新しいアクアレタムに交換することを提案しました。18か月の計画と建設の後、2019年5月15日に発表されました。

チューリッヒのグループチーフエンタープライズサービスオフィサーであるエリカアーノルドは、次のように述べています。

新しい噴水は、1990年代に元の噴水の背後にある会社であるFischerArchitektenAGによって建設されました。これは、以前の都市のランドマークでおなじみの特徴を保持しています。噴水が稼働しているときに、球形のウォータージェットが、湖の水面下に押し出される鉄骨フレームに取り付けられています。

新しいアクアレタムは古い噴水に似ているかもしれませんが、21世紀のアップデートでは、地球のリズムに合わせて調整されています。これはスイスのサウンドアーティスト、Andres Bosshardの発案によるものであり、ETHチューリッヒ大学の地震観測所との接続を通じて、その水弧の形状とサイズは、地球の揺れに関するリアルタイムデータを解釈するアルゴリズムによって決定されます。

チューリッヒの取締役会会長であるミシェル・M・リースにとって、噴水の更新は、会社とその故郷との間の別の深いつながりを浮き彫りにします。

「街が絶えず変化し、更新されているように、私たちの会社もそうです。私たちは両方とも変化する準備ができていなければなりません」と彼は除幕式で言いました。「そして、この変化を象徴するものは、水よりも優れています。水は、さまざまな形をとることができます。」


WIBRE 4.0290

・直付水中スポットライト照明
・最大4600ルーメン
・噴水や水辺の建築に最適

IP68–最大15mの水深
IP69-高圧および高ジェット水に対する保護
ステンレス316Ti1.4571製

POW-LED コールドホワイト、ウォームホワイト、ニュートラルホワイト
POW-LED RGB-Wフルカラー

5mの水中ケーブル付属


WIBRE社のご紹介
WIBRE ワイブル 水中照明と外構照明: ハイクオリティな技術と革新的なアイデア



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。】
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006  epk@epk.co.jp
EPKウェブページhttp://www.epk.co.jp
EPKブログhttp://epk.co.jp/update/

商品ブランド
WIBRE ワイブル
器具スタイル
スポットライト 水中照明
用途
噴水・オブジェ
ブログ一覧
お問い合わせはこちらから
お問い合わせはこちらから