2020
12.25

Marset 持続可能なサスティナブル照明 ー スペイン バルセロナの工場リノベーションによる新本社

marset-soho-ウォールペンダント, marset-soho-外構照明, MARSETマルセット

“Renaturalize the industry”  企業の持続可能性を高める”再自然化”

持続可能性とは、エネルギー消費量の少ない未来と共に、過去の投資(建設)をエネルギー面で収益性の高いものにすることの両方を意味します。

スペイン、バルセロナTerrassaにあったチョコレート機械工場をリノベーションし、Marset マルセットはフラッグシップ本社工場に生まれ変わらせました。
本社施設は、サステナビリティ(持続可能性)をコンセプトに、ショールーム、オフィス、倉庫・工場、食堂、そして庭園が含まれています。

建築家ステファノ・コルリは「我々は見つけたもの以外、何も建ててはいない」と語っています。基本的に以前の建物を活かしており、しかし、その変化は劇的な変化です。彼は建築へ多くのことを施し、コンセプトを実現していきました。

以前の倉庫の前にオリーブの木があり、それは工場の中では唯一の植生でした。建築家はそれを尊重することを決め、新しいプロジェクトの出発点になることになりました。コルリはバルセロナの有名なランドスケープデザイナー、ホセ・ファリオールに依頼しました。「オリーブの木を中心に、すべてが考え抜かれ、デザインされた」と語っています。リノベーションの後、オリーブの木はイチゴの木、イチョウ、ヒノキ、カツラなどと共存しています。マートル、ジャスミン、ブーゲンビリアがファサードを色鮮やかに彩り、グリーンウォールはファサードへ入り込んで、建築と一体化します。

そして庭園は、手入れを簡単に、水の消費量を少ないよう考えられました。パーゴラと水草のある池のほとりはリフレッシュスペースに。庭石と木の梁をリノベーションしたベンチを配し、人との距離を縮めるスペースになりました。大きなガレージのドアが果樹がなる庭園と食堂を結んでいます。
“教えるための庭ではなく、楽しむための庭” ファリオールとコルリはそう語ります。


ファサード壁面 照明:Soho Outdoor Wall (ソ-ホー ウォール)

このように、庭園は人間の営み、関わり合い行われる場所であり、建物の質に重要な場所となります。
植栽の緑のマントの下にも、それを秘めています。外周のファサード壁面や屋根に、瓦や断熱材などの処理を施しました。屋根を改修して再利用し、使われていなかった太陽光発電パネルを稼働させたのです。

現在ショールームがある既存建物のファサードは、以前は完全に不透明でした。プレハブのコンクリートパネルで建てられていましたが、建築家たちは、朝日を受けるよう、そして午後の太陽を避けるために、東向きと北向きの2つの壁面を取り替えることにしました。現在ではクロス換気機能を持ちます。太陽を取り入れてコントロールするだけでなく、ガラスで閉じた“穴” – 窓には、清掃を簡単に行うために2つの大きなバルコニーが設けられました。
また、“穴” は、会社の目となっています。夜になると照明が窓から映りだされ、ランプが点灯し、まるでなにかの店舗のように、通りから見えるようになっています。


ショールーム 吹き抜け照明:Dipping Light (ディッピングライト)


ショールーム テーブル上ペンダント照明:Tam Tam (タムタム)

“持続可能性”に基づき、建物を破壊するのではなく、建築家は、慎重な解体プロセスを経て、露出したコンクリート構造を残しました。廃棄物を制限し、瓦礫を減らし、建物の工業的な性質を示すために建物をむき出しとしたいと考えていました。建築家は「生で見せる」と語りました。その結果、1平方メートルあたり600ユーロの平均コストがかかり、やや未完成の雰囲気を残し、それゆえに建築は生きています。
異なるボリュームの建物のどちらにも侵入する植生が、そのイメージを均一なものにし、それは年月を経て縫われていきます。建物につながりを与え、共通のアイデンティティを与えます。
“彼らを結びつけ、友好的にしてくれます “と建築家コルリは言います。植生に覆われて、それが建物と作業員の呼吸、自然との共生になります。

建築設計:Stefano Colli ステファノ・コルリ
ランドスケープ:Jose Farriol ホセ・ファリオール
写真:Marset マルセット


導入照明器具

Soho ソーホー
SCB-SINGAPORE_SOHO-902x602

Marset (マルセット社) | Soho ソーホー

特徴:
SOHOシリーズの印象的で工業的な形は、古くからのマーケット・バーで使われていたような明かりを連想させる一方、その材質とテクスチャーは完全に現代的なものです。

シリーズ展開:
ペンダント
ウォールペンダント
シーリングライト
外構照明

ダウンロード:
データシート
取扱説明書

詳しい情報は別途EPKまでお問合せください。


Dipping Light ディッピングライト

Marset (マルセット社) | Dipping Light ディッピングライト

特徴:
新製品ペンダント、Dipping Light ディッピングライトは、「カラー」を中心にした必要不可欠なものだけで構成されています。複数の灯具を使用すると、魅力的な視覚的な効果が得られます。直径Φ13.5cm、20cm、30cmの3つのサイズがあります。

シリーズ展開:
ペンダント
テーブルスタンド
ウォール

ダウンロード:
データシート

詳しい情報は別途EPKまでお問合せください。

照明器具としての機能を超えて、Dipping Lightディッピングライトはエキサイティングな感情を起こさせることを目指しています。点灯時には、異なる色合いの絵の具が光を振り撒き、魔法のような雰囲気の効果を生み出します。消灯時には、その色ガラスの球体は、棚やベッドサイド、テーブルの上で目を引くデザインピースとなり、美しさに満ちたオブジェとなっています。

Jordi Canudasは光の錬金術師です。彼は光の実験を行い、常に驚きと学びを求めています。彼は光の本質を捉えたいと考えているのです。この光の本質の追求から、ディッピングライトは、点灯した電球を何度も絵の具に浸すという、一つの実験として作られました。絵の具の様々な層が同心円を描き、光を捉え、光の強さを調節します。絵の具はシェードとなり、光に色をつけ、質感を与えます。支柱は真鍮と黒鉛のベースです。このような職人的な工程を経て、ひとつひとつの照明器具は唯一無二のものとなりました。

ディッピングライトの歴史はまだ始まったばかりです。Marset マルセットは、これまでの2種類のテーブルランプのサイズだけで満足せず、詩的な光として、また、その用途を広げるため、ポータブルランプ、サスペンションランプ、ウォールランプ、そして新しいテーブルランプサイズ-φ20cm-を提供しています。
カラーは同色グラデーションで展開され、ラインアップも充実しています。支柱の仕上げは、ブラッシュドブラスとグラファイトの2種類から選んでいただけます。


Tam Tam タムタム

Marset (マルセット社) | Tam Tam タムタム

特徴:
360°回転する様々なサテライトシェードが、中心のラッカーが塗られたアルミニウム部分に取り付けられています。発光部分は乳白色のメタクリル酸が吹き付けられて、光を和らげています。

シリーズ展開:
ペンダント
ブラケット
スタンド照明

ダウンロード:
データシート
取扱説明書

詳しい情報は別途EPKまでお問合せください。


Marset マルセット
デザイン照明、インテリアとアウトドア:革新的、現代的なデザイン本物の素材感、空間に沿うシンプルさ、装飾的なアクセント



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。】
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006  epk@epk.co.jp
EPKウェブページhttp://www.epk.co.jp
EPKブログhttp://epk.co.jp/update/