2020
04.10

ミラノのアート&カフェインにLuce&LightのRGBリニアライトアップ照明が使用されました。

Luce&Lightルーチェアンドライト

アート&カフェイン Art&Caffeineは、伝説的なミラノのコーヒーマシンブランド、“Faema”の最初の旗艦店です。コーヒーカルチャーに関するあらゆることを話し合い、共有するためのクリエイティブなミーティングスペースです。

このスペースは、1891年から1931年の間にミラノ-ヴィジェーヴァノ鉄道に沿って建設されたForcella通りの小さな工業地帯の倉庫を改修し生まれました。
プロジェクト全体において、建築設計事務所traverso-vighy architettiは、19世紀の工場で当初使用されていたものと同じ「材料」の意図的な使用を試みました。炭化カラマツのフローティング床、粗鉄のディスプレイ、壁のステンシルグラフィック。そして、すべてがプロジェクトの主要な素材である「光の要素」によって強化され、さまざまなシチュエーションでの運用を強化します。
光は、自然の外光に合わせてさまざまな方法でコントロールされ、空間のさまざまな用途に対して、人々の体験を際立たせています。

色温度の高い白っぽい光のビームがFaemaエスプレッソマシンのステンレスの表面を際立たせ、暖かい色温度の拡散光が作業面とカップ棚を照らしコントラストを生み出します。
倉庫のアンティークの壁は、床に埋め込まれているRGBフルカラーで変化する光で照らされています。(Neva5 RGBを使用)
古い漆喰のレンガの壁のテクスチャを強調し、様々なアクティビティに応じて、空間の認識体験を変えることができます。

場所 イタリア、ミラノ
建築設計 traverso-vighy architetti
照明計画 traverso-vighy architetti
写真 Alessandra Chemollo



導入器具:
Neva5 RGB
316/616/916/1517mmモジュールのバリエーション
60/120mmピッチ
27400K/3000K/4000K/調色/RGBW
ダウンロード:
抜粋_neva_brochure_en
詳しい情報は別途EPKまでお問合せください。

Luce&Light ルーチェアンドライト社のご紹介
水中照明・防水アウトドア照明、インテリア照明:
水への様々な光の提案、アウトドアにおける極小からライトアップまでの照明効果、あらゆる空間に対するハイクオリティの光



【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。】
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006  epk@epk.co.jp
EPKウェブページhttp://www.epk.co.jp
EPKブログhttp://epk.co.jp/update/