2020
08.28

スペインのカブレラにある個人住宅でMVVが使用されました

MARSETマルセット

Ginger

by Joan Gaspar
「MVV」ストーリーは1970年代に始まります。この新しいペンダント照明は他に無いもので、当時スペインで最も著名な建築家の1人であり、ホセ・アントニオ・コデルチのパートナーであり、バルセロナ近くのウガルデ家などの著名なプロジェクトを請け負ったマヌエル・バルス・ヴェルジェスによって設計されました。
「MVV」の名前は、このユニークな照明の設計者を示し、Vergésのイニシャルを反映しています。それは彼の孫であり、建築家でもあり、Two-boスタジオのパートナーの希望でもありました。パブロ・マリア・アルベルトは45年後にこの照明を再構築しました。

時代の架け橋としてMarset マルセット社は製作に着手しました。オリジナルのデザイン(シートが重なった八角形)を採用し、シートの外側に桜の木、光の品質を高めるために内側に白色の二重膜を追加しました。寸法は原設計の45 cmと同じで、内部構造はもともと鉄でできていましたが、現在はポリカーボネートとして軽量化されています。木材の使用により、MVVは非常に暖かい光を生み出します。

控えめで、合理的で、非常に幾何学的な照明 — 「MVV」は建築物のようなものです。直接下向きの光がシートを通過する間接光によって補完されます。時代を超えて、その時代の建設的な論理を反映し、非常に多くの思い出を呼び起こすデザインとなっているのです。

Marset (マルセット社) | MVV エムブイブイ

特徴:
時間の架け橋をコンセプトに、元来のデザイン(板状のものが重なった八角形)を採用し、光の質を高めるため、シートの外側に桜の木、内側に白色を施してデュアルスキンという形で改良されました。元の45 cmのサイズは同じで、内部構造はもともと鉄でできていましたが、現在はポリカーボネートとして軽量化しました。木材を使うことで、MVVは暖かな光を生み出しています。
ダウンロード:
データシート
取扱説明書
詳しい情報は別途EPKまでお問合せください。


【商品のお問合せはEPKまでお問い合わせください。】
EPKlogo_s.jpg
〒162-0805 東京都新宿区矢来町108
TEL:03-3266-0006  epk@epk.co.jp
EPKウェブページhttp://www.epk.co.jp
EPKブログhttp://epk.co.jp/update/